2017.09.0508:58

小さなことを大切に思う心

ヘンリー・フォードが自動車王として名声を響かせていた頃、ジョージア州の田舎の小さな村にある小学校の、マーサ・ペリーという女性の先生から、一通の手紙を受け取った。

手紙の内容は、子どもたちのために学校にピアノを一台購入したいのだが、一千ドルを寄付してくれないかというものだった。

フォードは、いつものような儀礼的な手紙だと思い、大したことはないと思って十セントだけ封筒に入れて送った。

9-5H.jpg

しかし、ヘンリー・フォードから十セントを受け取った先生は落胆しなかった。

「一千ドルではないが、この十セントで何か意味のあることができるはずだ」

十セントを無駄にしたくなかった先生は、一晩悩んだ。

次の日、彼女はその十セントを持って店に行き、ピーナッツの種を買った。

そして生徒たちとピーナッツ作りを始めたのだ。

9-5P.jpg

先生は生徒と一緒に汗を流しながら、ピーナッツ畑を心を込めて耕し、よく実ったピーナッツを収穫して感謝の手紙と一緒にヘンリー・フォードに送った。

きれいに包装されたピーナッツの入った箱を受け取ったフォードは、大変感動し、その学校に一千ドルではなく一万ドルを寄付した。

一千ドルの一万分の一である十セントをもらっても、不平一つ言わず感謝した先生の心が、十セントの十万倍である一万ドルという収穫をもたらしたのだ。


携帯デボーションL.I.C http://www.mag2.com/m/M0059527.html より

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マコーパック

Author:マコーパック
ようこそお越しくだいました。
心より歓迎いたします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク