2017.10.0508:28

マシンガン・プリーチャー

映画「マシンガン・プリーチャー」のモデルとなったサム・チルダースは、麻薬密売人から回心して熱心に神様に仕えていました。

ある時、短期宣教旅行でアフリカのスーダンに行った時、子どもたちが反政府組織によって誘拐され、組織の兵士にされていることを知りました。

サムはそのことで心を痛め、自分の私財を投げ打って、スーダンに孤児院と教会を建て、誘拐された子どもたちを救出する働きを始めたのです。

残忍な反政府組織と戦っているうちに、次第にサムの心は荒み、憎しみで満たされるようになって、やがて慕っていた子どもたちさえもサムを恐れるようになりました。

ある日、孤児院にいるウィリアムという少年がサムに語りかけて来ました。

「もし、サムが心を憎しみで満たすなら、あいつら(反政府組織)と何も変わらないよ」。

ウィリアムは家族を皆誘拐犯に殺された過去を持つ少年でした。それでも憎しみをいっさい持つこともなく、誰に対しても愛情を注ぐ少年でした。

ウィリアムとの交流で我に返ったサムは人間らしさを取り戻し、再び、信仰も回復していきました。それからは、憎しみや怒りからではなく、キリストの愛によって仕えることを決意しました。

サムは今でも、いのちがけで子どもたちを誘拐犯から守っています。

「さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。」(聖書/ルカ6:37)

ミイラ取りがミイラにならないように。

携帯デボーションL.I.C http://www.mag2.com/m/M0059527.html より


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マコーパック

Author:マコーパック
ようこそお越しくだいました。
心より歓迎いたします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク